求人情報はリードエス人材で。リードエスでは上海/蘇州の求人情報を中心に皆様にお届けします。中国・上海で転職、就職を希望する皆様のサポートをいたします。

HOME > TOPICS > 上海人材雇用の手引きを更新

Ⅰ.上海の社会保険制度

●はじめに

中国における社会保険制度は、上海においては、市中心で実施されている「城保(城鎮社会保険)」、郊外で実施されている「鎮保(小城鎮社会保険)」、及び外地人に適用される「総合保険」の三種があります。(社会保険とは別に、「住宅積立金制度」という福利厚生制度が存在しますが、便宜上社会保険と同列にてご説明します。)

現在、社会保険には養老保険制度(日本の年金保険に相当)、医療保険制度(日本の健康保険に相当)、失業保険制度住宅公積金制度(住宅積立金制度)のいわゆる「四金」に加え、近年新設された労災保険出産保険の6種類(「六金」とも言われる)から構成されています。(ただし、新設の保険には従業員の個人負担制度がないため、現在でも「四金」が社会保険の俗称となっています。)農村戸籍以外はすべて適用対象者となります。

図1 中国の社会保険制度の構図


1.上海の社会保険制度の現状

中国中央政府は全国的に統一したガイドラインを設定したものの、各地方政府は各自の条件に従って実施しています。
以下に上海市においての主たる社会保険の名称と、保険別の会社負担率、個人負担率の代表例を列挙します。


表1 上海における社会保険の名称と保険別の会社負担率、個人負担率

番号

名称

会社負担率

個人負担率

合計

養老保険

21%

8%

月給(総支給額)x 29%

医療保険

11%

2%

月給(総支給額)x 13%

失業保険

1.5%

0.5%

月給(総支給額)x 2%

住宅積立金

7%

7%

月給(総支給額)x 14%

労災保険

0.5%

無し

月給(総支給額)x 0.5%

出産?育児保険

1%

無し

月給(総支給額)x 1%

合計

42

17.5

月給(総支給額)x 59.5%


労働者は上記の状況において法律に基づき国家から社会保険給付を受け、労働者の死亡に際してはその遺族が遺族年金の給付を受けることができます。
すべての労働者及びその使用単位(企業等)は社会保険に加入し、社会保険料を納入する義務を有しており、労働契約には必ず法定の社会保険および福利待遇事項を明記しなければなりません。

保険業務は、各地の労働行政部門に所属する労働と社会保障機構が担当しており、登録、保険料の徴収、保険金の支給等を行います。
上記を総合すると、社会保険料が給与総額の59.5%にもなり、「中国では額面給与を人件費だと思っていたら大間違い」とよく言われるのはこのためです。
上記のとおり、月給(総支給額)が社会保険料計算の基数ですが、基数は上海市前年度平均給与の3倍(2012年度上海市平均給与はRMB4,692→2013年度基数はRMB14,076)を上限、上海市前年度平均給与の60%を下限として設定されています。社会保険の基数上限は毎年4月、住宅積立金の基数上限は毎年7月に更新されます。

2008年度の基数  下限1,735 RMB~上限RMB8,676
2009年度の基数  下限1,975 RMB~上限RMB9,876
2010年度の基数  下限2,140RMB~上限10,698RMB
2011年度の基数  下限2,338RMB~上限11,688RMB
2012年度の基数  下限2,599RMB~上限12,993RMB
2013年度の基数  下限2,815RMB~上限14,076RMB

2.上海市における「四金」の計算方法

(1)給与総額が下限、上限以内(2,815元~14,076元以内)の計算方法

①養老保険
会社負担額:実際給与総額×21%
個人負担額:実際給与総額×8%

医療保険
会社負担額:実際給与総額×11%
個人負担額:実際給与総額×2%

③失業保険
会社負担額:実際給与総額×1.5%
個人負担額:実際給与総額×0.5%

④住宅公積金
会社負担額:実際給与総額×7%
個人負担額:実際給与総額×7%

(2)給与総額が上限を超える場合(14,076元を超える場合)の計算方法

①養老保険
会社負担額:14,076×21%=2.956元
個人負担額:14,076×8%=1.126元

②医療保険
会社負担額:14,076×11%=1.548元
個人負担額:12,993×2%=282元

③失業保険
会社負担額:14,076×1.5%=211元
個人負担額:14,076×0.5%=70元

④住宅公積金
会社負担額:14,076×7%=985元
個人負担額:14,076×7%=985元

(※注 小数点以下は四捨五入しております。)

(3)給与総額が下限以下(2,815元以下)の計算方法

①養老保険
会社負担額:2,815×21%=591元
個人負担額:2,815×8%=225元

②医療保険
会社負担額:2,815×11%=310元
個人負担額:2,815×2%=56元

③失業保険
会社負担額:2,815×1.5%=42元
個人負担額:2,815×0.5%=14元

④住宅公積金
会社負担額:2,815×7%=197元
個人負担額:2,815×7%=197元

(※注 小数点以下は四捨五入しております。)


リード・エス Lead-S不動産

リード・エス Lead-S投資コンサルティング

<上海本社>

 
  • 021-33538700
  • 021-33538766
  • 上海市天山路310号
    海益商務大廈8楼AB室

<東京支社>

 
  • (株)リード・エス
  • +81-3-6264-8881
  • +81-3-6264-8882
  • 東京都中央区日本橋小伝馬町16-5 新日本橋長岡ビル10階

<大阪営業所>

 
  • (株)リード・エス
  • +81-6-7878-6942
  • +81-6-7878-6737
  • 大阪市中央区谷町2-3-1 第2ターネンビルディング5階

ウェネバー人材

中国留学するならJAC